メンズ

今すぐカタログスタンドの設置を|このアイテムで集客効果を上げる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

目的を考える

カラーチャート

ダイレクトメールの使い道、そしてメリットは数多くあります。ダイレクトメールを取り入れる前に、まずダイレクトメールを利用する目的を理解しましょう。目的は主に3つ考えられます。1つは新規の顧客や見込顧客を見つけるという目的。文字通り自社の存在や扱っている商品を宣伝し、顧客を得るという目的となります。もう1つの目的は、見込み顧客に商品の購入を促すという目的になります。商品カタログを請求したお客さんやイベントに来てくれたお客さんに、商品の購入を促す目的となります。最後、3つめの目的は、リピートを促すという目的です。会員登録を促したり、全員サービスのプレゼントを送ったりといったことをします。ダイレクトメールの送信は、主にこの3つの目的のもとで行なわれています。いずれも顧客獲得が望め、大きな販売促進効果が得られるのものとなっています。まだダイレクトメールを導入していないという会社は、一度検討してみるのも良いかもしれません。

ダイレクトメールにはいろいろな種類があります。「メール」と聞くとついつい電子メールをイメージしてしまいがちですが、電子メールだけではなく、それ以外にも様々な種類のダイレクトメールがあります。例えばFAXによるメールや郵便によるメールなど、これらもダイレクトメールの一種に数えられます。それぞれに特徴があり、また利用することによって得られるメリットにも違いが見られます。ですので、各特徴や利点をきちんと理解すれば、ダイレクトメールというツールをより良く利用できるのです。